ごぼう茶の効果について

ごぼう茶が選ばれる理由とは?

 

ごぼう茶を愛飲される方が増えたことで、高い効果が期待できるお茶として知られるようになりました。

 

ごぼう茶は体に良いとされる栄養素が豊富に含まれており、年齢対策をはじめ冷え症やむくみなどに効果が期待されています。

 

食物繊維が豊富なことで知らるごぼうですが、腸内環境を整えることで利尿作用や便通によってデトックス効果が期待されています。

 

 

ごぼうの食物繊維について

 

1日の食物繊維の摂取量目安は、20〜25gなのですが、これに対して平均摂取量は、約15gといわれていることから十分な食物繊維の摂取が出来ているとはいえません。

 

繊維質の多い野菜は他にもあるのですが、これらと比べてもごぼうの食物繊維の量はとても豊富になります。

 

その中でもごぼうには水溶性と不溶性といわれる2つの食物繊維がバランスよく含まれており、水溶性食物繊維イヌリンには整腸作用が働くことで、血糖値の上昇を抑える効果があります。

 

また不溶性食物繊維のリグニンにはコレステロール値を抑える効果や腸のぜん動運動を活性化させる働きがあります。
他にもごぼう茶に含まれている不溶性食物繊維は、水溶性食物繊維に比較して水に溶けにくい事が特徴で、ビフィズス菌を繁殖させることで腸内環境を整える働きがあります。

 

 

 

ごぼうにはポリフェノールが豊富にふくまれています

 

ごぼうの優れているところは、強い抗菌力と抗酸化作用を持つ「クロロゲン酸」「タンニン」「サポニン」といったポリフェノールが豊富に含まれていることで、風邪の予防や老化対策にも注目されています。

 

ポリフェノールのクロロゲン酸は皮とその内側に含まれていることから、アク抜きのために水にさらすことで、大半が流れ出してしまうので皮が入ったごぼうお茶がおすすめされている訳なのです。

 

土の中には多くの細菌が存在しているのですが、ごぼうには自らを守ることができるサポニンやポリフェノールといった成分が多く含まれていることは先ほども記述しましたが、サポニンを摂り入れることにより体内の悪玉コレステロールを分解してくれることから、生活習慣病やダイエット効果にも期待がされています。

 

サポニンには、滋養強壮、免疫力の向上や抗酸化作用があり、イヌリンには吸水性ポリマーという体温を上げることで、冷えやむくみ対策をするための効果があります。

 

 

腸内環境は健康状態を知る上でとても大切です。

 

高脂肪で高カロリーな食生活を続けていると、腸内環境を悪化させることにも繋がり生活習慣病を発症する危険性も高くなります。

 

腸内環境が正常になると免疫力も上がることで病気のリスクも減り、老化予防も出来る利点があります。

 

お肌に良い成分も含まれていることから、美肌を目指すのであれば腸内環境のケアも重要になります。

 

ごぼう茶は飲みやすいお茶にされたものですから、気軽に飲むことができますので良かったら1度は、お試しください。

 

 

 

ごぼう茶の副作用について

 

ごぼう茶の副作用には、一般的にサポニンの過剰摂取が原因と言われており、善玉コレステロールも同時に分解してしまうと言われています。

 

ゴボウに含まれるサポニンそのものが外適から身を守るための成分になるので、人に対して有効でもあれば副作用があるのも当然なのかもしれません。

 

そこで安心してサポニンを摂りたいと考えている方はご自分で加工してつくるよりも、市販の商品を利用されることをおすすめします。

 

 

過剰摂取による下痢について

 

キク科のアレルギーで水溶性食物繊維の過剰摂取が原因で起こる下痢の症状です。

 

ごぼうはキク科に分類されますので、このアレルギーをお持ちの方はごぼうを食べた場合にも起こる可能性があることから注意が必要になります。

 

本来、水溶性食物繊維にはお通じを水分が柔らかくする働きで、便秘を解消する効果があるのですが、過剰摂取をすることで水分を多く吸収してしまい、さらに下痢の症状を悪化させてしまう可能性があります。

 

下痢になってしまうとビタミン、ミネラルも一緒に排出されてしまう事からせっかく取り入れた栄養分も無駄になってしまいます。

 

そして、不溶性食物繊維においてはお通じをかたくする作用もあるので、水溶性と不溶性食物繊維はバランス良く摂り入れることが大切だと言われているのです。

 

 

どれだけ体に良いとされるものにもリスクや副作用というものは必ずついて回ると思います。しかし、きちんと決められた量や飲み方を知っていれば過剰摂取をしてしまうことはないと思いますので、健康食品などを利用される時には必ず用法容量を守って楽しい健康生活を送ってもらえれば幸いです。

 

 

トップページに戻る

page top